キャリアカウンセラーが伝えたい就活のコツ

都内大学で2000人以上の学生と接して感じたこと、就活生に伝えたいことを綴ります。         月、木に更新の予定です

良いアドバイザーを持つ

f:id:miyabicareer:20200805094448j:plain

 

これまで、一連の就活の流れを見てきました。

 

企業研究やら面接対策やら・・未知なるものだらけで、
一つ一つが手探り状態だと思います。

 

自己分析やESの作成など、採用者側の視点を交えて
お伝えしてきましたが、

ポイントを聞いただけで、完成度の高いものに仕上げるには、
自分一人だけの力では限界があると思います。

 

読んでも具体的イメージがわかないことも多いですし、

 

自分のやった自己分析の、
どこが取り上げる価値のあるトピックになるのか?
どんなふうに話を展開すると、魅力的な人物像になるのか?
具体的に何をかけばいいのか?

ポイントを読んだだけではわからないことも多いはずです。

 

そのため、

自分の強みをしっかり把握して、自信をもって臨みたい場合は、

だれか信頼できるカウンセラーやアドバイザーを
一人見つけて、その人に相談しながら進めるといいと思います。

 

究極のところ、

その人、その人にぴったり合致するアドバイスは人によって異なります。

 

大部分の人に当てはまるだろうポイントや注意点を
ブログにまとめてきましたが、

 

その次の段階、

自分の強みを効果的にアピールするというところでは、
一人一人価値観もそれまでの経験も全く異なりますから、

 

ベストな切り口、経験を活かした効果的な展開というのは
その人それぞれで変わってきます。

 

ですので、基礎的な部分が理解できたら、

 

自分でできるところまで行い、

キャリアセンターやハローワークのカウンセリングなどで話を聞き、
自分の価値観や考え方と合うアドバイザーを一人見つけてみてください。

 

価値観や考え方の合う人、自分をうまく理解してくれる人を見つけ

そうした人に相談しながら取り組んでいくと、

行き詰ったときにアドバイスをくれたり、

自分を客観視することができて、

 

だいぶ楽に、確実に進めていけると思います。

 

「このESの添削をしてほしい」
「○○会社の模擬面接を練習したい」というときは不特定の人でもいいのですが

 

改めて強みを洗い出したい、
難解なESでバランスよく自分の強みを出したい、
自分が何をしたいかわからなくなった・・というときは

 

ある程度、その人の背景やこれまでのいきさつを把握していた方が
よりぴったりくるアドバイスができることがあります。

 

いろいろな人に話を聞くと、みんな違うことを言うので混乱する
という学生も多いのですが

 

そうした際は、

そうアドバイスする理由や、そう指摘する根拠を聞いたり

自分の挙げたエピソードの中でどれが一番いいと思うか?
その理由を含めて聞いたりしてみて、

 

自分が言いたかったことを指摘してくれた
自分の良さを分かってくれた
この人とはなんとなく感覚が合う気がする・・など

 

一番自分がしっくりいく対応をしてくれた人に、
相談するようにするとより効果的だと思います。

 

どうしたらいいかわからずに
だれかれ構わず聞いてしまうと、
その時その時で視点が変わってしまうので

 

余計に混乱してしまったり、
なかなか統一感のあるものに仕上がりにくくなります。

 

相談される側も、ある程度情報が多い方が、
新たなESの作り込みをする際に
「そういえば、この間話した時、○○のエピソードもあったよね」
などと違う切り口を提案しやすくなります。

 

よく、友達やバイト先の先輩にその役割を求めるケースがありますが

なるべく専門的知識のある人の方がいいと思います。

 

もちろん親身になって一生懸命アドバイスしてくれると思いますが

そこには採用者側の視点がないため、
あまり効果的、根本的な改善につながらないことも多いからです。

 

採用経験者、大学やハローワークなどのキャリアカウンセラー、
行きたい会社で働くOG・OBといった人がいいと思います。

 

今は大学でもキャリアカウンセラーを置いているところが
ほとんどですので、まだ足を運んだことのない人は
一度キャリアセンターに行ってみることをおすすめします。

 

 

 

最後は自分の意志で決める

f:id:miyabicareer:20200720143240j:plain

就活も中盤を過ぎると、

だんだん疲れが出てきて、今ある内定で終わりにしようかな・・

やりたい仕事から内定を得るまでがんばりたいけど、
いつまでがんばればいいの・・・

内定企業に行くことにしたけど、ここで本当に大丈夫かな・・

営業職で決まったけど、自分にできるかな・・

などなど、いろいろな悩みが出てくると思います。

就職自体が、海のものとも山のものともしれない
未知なるものなので、いろいろ悩んだり不安に思ったりするのは
当然のことです。

OGに聞いたり、
キャリアセンターの人に相談したり、
改めてHPを読み返してみたり・・

悩みを少しでも解消できるよう、もう一歩踏み込んで
企業について調べてみることはとても大切だと思います。

一生の仕事になるかもしれませんから、
ここでは、多少無駄になることがあっても、一生懸命力を注いで、
納得したうえで入社し、少しでも入社後のミスマッチを
防げたらいいなと思います。

ただ、ある程度調べつくすと、限界は出てきます。

仕事への不安に
職場の雰囲気や人間関係をあげる人が多いのですが、

正直なところ、合う合わないは人によっても違いますし、
どんな人が上司なるか?どんな部署に配属されるか?
そこで働く人はどんな人なのか?

そうしたことは、実際働いてみるまでわからないので、
そこまで見極めて就職先を決めることは
不可能に近いものがあると思います。

その時に、できることをやって、
自分がここがいいと納得できたら、

もうあまり余計なことは考えないで飛び込んでみるのも一つだと思います。

なんの根拠もありませんが、多くの学生と接して感じるのは、

「なんとなくいいと思った」「自分に合いそうだった」という
第6感も、実は結構当たっているような気がしています。

無意識のうちに自分に合うものを選んでいることが多いのです。

将来を100%把握することはできませんから、
その時点で、いろいろ調べて、「良い」と思った会社が
その時のベストなのだと思います。

そのため、あまり「どうしよう」「どうしよう」と
不安になっても仕方ないところはでてきます。

ただ、その時の大事なポイントは、自分で決めるということです。

ES作成のときもそうですが、
就活でアドバイスを受けると、いろいろな人いろいろなことを言います。

みんな良かれと思って言っていますが、
それはその人の良いであって、あなたの良いではありません。

あなたの良いは、あなたが決めるのです。

いろんな人の意見を、どうしてそう思うのか?根拠となるところまで聞いて
その中で一番自分が納得できるものを選ぶと良いと思います。

親が言ったから・・友達に聞いて・・先輩にこう書けって言われて・・

では、あなたの選択になりません。

自分で決めないと、もし入社して苦しい状況になった時、
誰かのせいにしてしまうことがあるかもしれません。

そうならないためにも、自分の意志で選ぶことが大切だと思います。

わが社が第一志望ですか?と聞かれたら・・

f:id:miyabicareer:20200720143054j:plain

3次面接や最終面接になってくると

「わが社は第一志望ですか?」
「内定が出たら、就活はやめますか?」

などど、少し強めに聞かれることがあります。

このとき、
「第一志望です」「やめます」と答える学生がほとんどだと思います。

「本命が他にある場合、どう対応したらいいですか?」と
聞かれることがありますが

多くの学生と接していると、ここでの対応は本当に様々です。

一番スタンダートであり、多数なのは、

割り切って、「第一志望です」と答えて、内定を得るケースです。

自分のスタンスがはっきりしているので
すぱっと言うことができ、説得力があります。

実際、第一志望でない学生は落とされる場合も多いので、

アドバイザーによっては
「第一志望と答えるのが常識です」という人も多いと思います。

他にも
「第一志望群です」と答え、
他への含みも持たせる答え方も多いです。

言い切ってしまうと、
本命企業を受けられないのでは?
辞退するときに断りづらい・・と不安に思って
志望群・・と言って含みを持たせます。

企業によっては、
この「第一志望群です」という学生は
うちが本命ではないと判断しているというところもあります。

一方で、
自分に嘘はつきたくない、正直に行きたい・・という人もいて

「本命は○○です。でも社風や働く方々の人間性に惹かれているので、御社に入社したい気持ちもあります」と本当のことを伝える人もいます。

辞退者の多い業界などは、
初めから本命で来てくれる人は少ないため、

こうして素直に話してくれた学生に誠実さを感じ、
「そちらの結果がでるまで待ちます」
「4月いっぱいまででしたら、保留にします」と言ってくれる
企業もあります。

この場合は、自分を偽ることなく進められるので、
気持ちの面では負担が一番少ないです。

ただ実際、「他社が本命であれば、違う学生を採用しよう」という
企業も多いので、ここは判断が分かれるところです。
業界や企業の特性をきちんと調べて臨みましょう。

さらに踏み込まれ、
「内定を得たら就活をやめますか?」と聞かれたとき

「はい、やめます」と答え、内定承諾書の提出と進んでいくことが
多いのですが、

他も見てみたい場合や他に本命を受けたい場合、

「御社への志望度はとても高いのですが、今、選考が進んでいる企業は、ご縁があった企業だと思います。そうしたご縁は大事にしていきたいので、選考中の企業は勧めさせていただければ・・と思っております。選考中の企業が終わったら終了したいと思います」

となど答え、大体の目途を伝えて待ってもらう学生もいます。

「第一志望ですっていうのが常識ですよね」
と淡々としている学生もいれば、

志望度の低い学生は落とされることも多いと伝えても、
「嘘を言うのはちょっと・・採用者側もわかるのではないでしょうか?」と正直に話そうとする学生もいて、

ここでの対応は本当に様々で、
性格がよく出るところだな・・と感じます。

業界によっては待ってくれるところもありますし、
「正直に話してくれてありがとう・・それでもあなたにきてほしい」
といわれて、学生側が企業の優しさに感動して
入社の思いが強くなったという例もあります。

いろいろな対応、選考結果があるので、
本当にケースバイケースだと思います。

ですので、その企業に就職した先輩の話や
企業研究を参考にして
自分なりのスタンスを決めておくと良いと思います。

 

他社の選考状況を問われたら・・

f:id:miyabicareer:20200720142725j:plain

選考が進んでいくと、
他社の選考状況を聞かれることも多いです。

このときも採用者側の視点を意識して、
ポイントをおさえた対応ができるといいと思います。

採用者側には、
「内定を出したら、この学生がうちにきてくれるのか?」を
確かめたい気持ちがあります。

https://note.com/miyabicareer/n/na0c948afbdfd

 

内定辞退

f:id:miyabicareer:20200720142506j:plain

内定を複数得たときなど、辞退する場面もでてきます。

せっかくの内定を断るため、
「どうしよう・・」と、不安になってしまう学生が
少なくありませんが、

企業側は、辞退も想定内のうちに入れて採用活動をしています。

そのため、きちんと誠意をもってお話すれば
理解を得られる場合がほとんどです。

ただ、企業側は、一人の学生に内定を出すまでに
多くの時間、費用、マンパワーをかけていて、
辞退によってそれらを無駄にしてしまうわけですから、

辞退する際は「申し訳ない」という気持ちを
全面に出して伝えましょう。

以前は、きちんと訪問して伝える傾向が強かったのですが、

最近は、
訪問だと手間がひとつ増えると感じる採用者も多くなってきて、
電話で済ませるケースが多くみられます。

辞退の理由を聞かれることが多いですが
失礼のない形で、素直な気持ちを伝える方が
誠実だと思います。

といっても、あまりストレートにお伝えすると
気を悪くさせてしまうこともありますので
事前にキャリアセンターなどに相談してみましょう。

また、

企業側は内定を出すと、採用人数に基づき

配属先を決めたり、次年度の方針を立てたり、備品を発注したり・・
実際に動き始めます。

辞退によって、
行くはずだった部署に空きが出てしまいますから

企業側は
その分欠員補充をしたり、他部署の人材を回したり、
人繰りをしないといけなくなります。

あまりぎりぎりになると
大きな迷惑をかけてしまうため
その会社には、行かないことがはっきりしたら
すぐに辞退を申し出ましょう。

そのため、個人的には
持っている内定は常に一つにしておくことを勧めています。

新しく得たら、
そこと持っている内定企業のどちらがいいかを比べ
いい方を残して、一方は辞退する・・というイメージです。

最初に内定を得た企業に就職するとは限りませんので
学生側も、辞退に対して、
必要以上に不安に思ったり、心配したりする必要はありません。

納得のいく会社で働くことが一番ですので
初めからあきらめたり、投げやりになったりしないで、
きちんと確認して、進めていきましょう。

また内定承諾書についてもよく聞かれます。

内定を得ると、
企業側から内定承諾書の提出を求められることがあります。
これには、企業側がせっかく決めた採用者に
確実に入社してほしいという思いが込められています。

印鑑を押したり、保証人を立てさせたり、
承諾書を提出した後も、懇親会や内定者の集まりなどで
招集がかけられることがあります。

採用者が全員入社してもらうことを前提に
人事の配置を考えていますから、
企業側も他に行かれないように力が入ります。

ただ、この内定承諾書に法的根拠はありません。

ですので、必要以上に深刻になることはありません。

ちなみに、少しでも入社の可能性がある場合は、提出しておいても
いいのではと伝えています。

承諾書提出後の辞退は、
さらに相手の企業に失礼のないようにすることが
必要ですので、事前にキャリアセンターなどで
アドバイスを受けてから、申し出るようにしましょう。

複数内定を得たら・・

f:id:miyabicareer:20200720142338j:plain

頑張って就活を進めていくと、

第一志望群の企業、
抑えで受けていた企業、
なんとなく受けてみた企業・・などから、

複数内定を得ることがあります。

自分の中で、順番がついていれば
そんなに迷うことはないのですが、

同じような志望度の企業から内定をもらったり
また選考を受けるために何度も関わっているうちに
人事の人柄や社風に惹かれて志望度がぐんと上がってきたりすると

どこの企業がいいのか、迷ってしまうことがあります。

その際は、自分の知識や直感だけでなく

さらに詳しく調べてみたり
実際に働いている人に話をきいたり
キャリアセンターで卒業生の資料を調べてみたりして

自分の納得のいく会社かどうか、
長く働ける会社かどうか
しっかり見極めてみてください。

内定を得られた喜びで、
表面的な部分しか見えていなかったり、
説明会で聞いたことを鵜呑みにしたりして、

入社後、思っていたのと違う・・となってしまうと
大変な思いをして就活を進めてきた、せっかくの苦労が報われません。

実際に、その企業で働いている人の
リアルな声を聞けると、一番いいと思います。

ある学生は、
Aという企業で内定を得るために、頑張って選考を進め、
努力の甲斐があって、最終面接までいきました。
そこで、入社の意向を強く確かめられたそうで、相談にやってきました。

OBに聞いてみては?と勧めたところ
その学生は早速、聞いてみたそうです。

すると、
残業、残業でとてもハードな仕事だそうで、
すでに同期は5人辞め、自分も今年度いっぱいで辞めると
話していたそうです。

もちろん、楽な仕事はありません。
ただ、1年もたたないうちに入社1年目の人が
5人も辞めてしまうというのは・・・・少し不安になってきます。

その学生は、A社で内定を得られたら就活を終わりにしようと
考えていましたが、その話を知って、
果たしてそれでいいのか不安になりました。

結局、その学生は内定を辞退して就活を続け、別の企業に就職しました。

先日会った時は、覚えることが多くて大変だけど、
みんな優しいし、やりがいがあると話していました。

実態を確認することは大切です。

内定を得る前と後とでは、同じ情報でも違って感じるかもしれません。

複数内定を得たときは、それぞれについて再度調べ、
改めてどの企業にするか考えてみると
ミスマッチも減るのではないかと感じます。

また、どれもが好条件で選べない場合は、

福利厚生や仕事内容、女性の活躍、勤務地など
気になる項目をできるだけたくさんあげて
10点満点で何点なのか?点数化することをおすすめしています。

仕事内容はすごくいいけど、通勤が片道1時間半・・
定時で上れそうだけど、仕事が物足りなくなってしまいそう・・
土日休みでないけど、ずっとやりたかった仕事・・

それぞれの要素が違うため、
頭の中でいろいろ考えていても、堂々巡りで
いつまでたっても答えは出てこないでしょう。

ですから、

項目ごとに点数化して、高得点順に並べて
絞っていってもいいと思います。

就活は、企業側から選ばれるイメージが大きいですが
学生側が選ぶ視点も大切です。

複数内定を得たときは

最後まで気を抜かず、その中で一番自分に合う企業を、
しっかり吟味して選んでみてください。

 

就活に疲れた時

f:id:miyabicareer:20200720141925j:plain

 

就活は長期戦です。

いつ終わるかもわかりませんし、
一人で進めていくことが多いので孤独を感じることもあるかもしれません。

自分のやり方があっているのかわからなくなる時もあれば
お祈りメールが続くと、
もうだめなのではないか・・と落ち込むこともあります。

ずっと根を詰めてやっていくと、
どこかで疲れが出ることが多いように感じます。

ところどころで、うまく息抜きをして
モチベーションが極端に落ちないようにできると良いですね。

ついついぶっ通しで頑張ってしまい、
知らず知らずのうちに疲れがたまっていき、
ある時ポキっと折れてしまうことがあります。

「何もやる気が起きなくなって
10日くらい何もしないで部屋に閉じこもってました・・・」

というやってくる学生が、ときどきいます。

厳しいようですが、その間も選考は次々と進んでしまいます。
ESの締め切り、説明会の実施・・どんどん締め切られていきます。

それが、選考ラッシュの真っただ中だったりすると、
自分のやりたい仕事、興味ある業界であっても
結局受けられないまま、流れてしまうので、本当に残念に思います。

1,2週間して、やる気が復活したときには
すでに選考受付が終わっていた・・ということもよくあり
とてももったいないな・・と感じます。

そうなる前に、所々で
疲れた時や落ち込んた時は早めに休みを入れて、
ある日、突然ポキっと折れないように
気を付けていけるといいと思います。

休むといっても、何日も休んでしまうと
再開するのが面倒になったり、
せっかくわかってきた面接の感覚が鈍ってしまったり、
締切日に出せたり、出せなかったりるので、

半日、あるいは1日くらいの休みを
定期的にいれることをおすすめしています。

f:id:miyabicareer:20200720142008j:plain

おいしいものを食べたり、
好きな映画を見たり、
漫画を読みふけったり、
スポーツで体を動かしたり、
バイトを入れてみたり、
友達としゃべりまくったり・・

一時期でも、就活を忘れて好きなことに没頭してみてください。

心が満たされると、心のパワーがチャージされて
いいガス抜きになります。

就活中盤の時期になると、
疲労感たっぷりの表情でやってくる学生が一定数います。

真面目な学生ほど、根をつめて頑張ってしまい、
心のパワーがスカスカになっているのです。

そうした状態は、確実に表情にでます。

やつれた表情でげっそりしている人と
明るく元気にはつらつとしている人では
受ける印象が全く変わってきます。

第一印象が与える影響は大きいです。

そのため、

普段から定期的に休みを入れるなどしてあまり疲れをためないようにし、

選考の前日は、

夕食にちょっとおいしいものを食べて、
ゆっくりお風呂に入って、
早めに寝るよう勧めています。

心にパワーがあると、
突発的な質問に対する瞬発力やひらめき力もぐっとアップします。

やることに追われて、
なかなか取れないことも多いと思いますが、

どうにかこうにかやりくして
時間をあけてリフレッシュした方が
結局的に効率がよくなって
パフォーマンスがあがることが多いように感じます。

また、疲れた時やつらいときは
我慢しないで泣いてしまいましょう。

心配をかけたくないという思いがあったり、
家ではいつも元気でいることを求められていたりして、

うまくいかなくてつらい状態でも、
家では笑顔で何でもない風を装っている学生が結構います。

つらい思いを我慢して我慢して
一人でけなげに頑張っている姿を見ると、

今の学生には泣ける場、
弱音を吐ける場、
つらい思いを受け止めてもらえる場がないんだな・・とせつなくなります。

「悲しくて泣く」というのは、当然の自然現象ですから、
早めに寝て、布団の中でこっそり泣いたり、
お風呂に入りながら泣いたりして、
なるべく体の外へ出すようにすると良いと思います。

泣いても状況は全く変わりませんが、

一通り泣くと、すっきりします。
そして「やっぱり頑張ろう」となることが多いように思います。

就活にはいろいろな試練があります。
すべてを自分の力だけでこなしていくことは
なかなか難しいと思いますから、

キャリアセンターをはじめ、いろいろな就活支援をうまく利用して
進めていけるといいと思います。